【読者様からの質問】天井狙いでボーダーを超えている台が複数ある時の優先順位は?

おはこんばんにちは!

くろすけです^^

 

 

先日、読者様から質問をいただいたので

その内容をシェアしようと思います!

 

 

カツさんからいただいたメール

 

はじめまして!

(中略)

少し前から天井狙いを始めていて、昨日あったことです。

目の前で同時にボーダーを超えている台が2台空きました。

 

具体的には

北斗の拳 修羅の国篇 900Gハマり
ミリオンゴッド神々の凱旋 750Gハマり

の2台です。

 

急いで調べるとどちらも期待値は同じくらいでした。

(中略)

こんな時はどちらを選ぶのが正解でしょうか。
よかったらご教授お願い致します。

 

まとめると

期待値が同じくらいの台が2台あった時にどちらを打てばいいのか?

という質問ですね

 

 

まずはカツさん

ご連絡ありがとうございました!

 

期待値稼働を始めたばかりなのに

瞬時に期待値を比べている点は

素晴らしい行動ですね!

 

 

きっと他の期待値稼働をしている方も

同時に打てる台が複数ある状況

を経験したことがあると思います

 

今回はそんな時に

どんな基準で台を選べばいいのかを

まとめました

 

ご覧ください^^

 

 

 

まずは期待値!次は時間効率!

 

まず、期待値稼働の原則として

打てる台が複数ある場合は

期待値の高い方が優先です

 

 

期待値2000円の台と

期待値4000円の台があったら

 

後者の方が大きく勝てる可能性が高いので

期待値4000円の台を打ちます

 

まぁ、当たり前ですね(笑)

 

 

 

では、今回のカツさんのように

期待値が同じくらいの台が2台ある場合は

時間効率の良い方が優先です

 

 

なぜなら期待値が同じ台でも

時間効率によって

時給に差が出てくるからですね

 

 

例えば期待値3000円の台A.Bがあるとして

A平均消化時間30分

B平均消化時間60分の場合

 

時給換算すると

A時給6000円

B時給3000円になります

 

 

実際はAを2回打てるわけではありませんが

Bを打つ場合に比べると

Aを打てば平均30分早く終わるので

次の台を探す時間が30分多く取れますよね?

 

つまりAを打った方が時間効率が良い

総合的な期待値が大きくなるんです

 

 

 

質問をいただいたカツさんの場合

見つけた台はこの2台でした

北斗の拳 修羅の国篇 900Gハマり
ミリオンゴッド神々の凱旋 750Gハマり

 

両方とも期待値は3000円程度ですが

北斗修羅は天井までのゲーム数が300G

凱旋は750Gあります

 

 

AT.ARTの初当たり確率は

両方とも設定1で1/450くらい

であることも踏まえると

 

北斗修羅の方が

天井に近い分、早く当たる可能性が高い

ですよね?

 

 

つまりこの場合は

北斗修羅の方が時間効率が良いので

北斗修羅を打つべき

ということになります

 

 

 

もっと付け加えるならば

凱旋は天井恩恵が強いので、

天井に到達するかどうかで

期待値が大きく変わります

 

しかもコイン持ちが悪いので

天井到達までに必要な投資額は3万円くらいです

 

そうなると当然

収支はかなり荒れます

 

 

それに対して

北斗修羅の天井恩恵は普通のART当選なので

天井到達にかかわらず期待値は一定です

 

また、コイン持ちも良いので

天井到達までに必要な投資は1万円以下です

 

凱旋に比べると

収支が安定しやすいですね

 

 

このことから考えても

凱旋より北斗修羅の方が勝率が高いので

やはり修羅を打った方が無難だと思います^^

 

 

 

さらにレベルアップするためのポイント

 

ここまでは期待値稼働の『原則』でしたが

ここからはちょっと上級者版

 

 

繰り返しますが原則は

期待値が高い方が優先です

 

A:凱旋900Gハマり(期待値4500円)と

B:凱旋750Gハマり(期待値3000円)があったら

真っ先にAを打つのが原則ですね

 

 

しかし

Aを打ちそうな人が他に誰もいなかったら・・?

 

 

例えばBは当日750Gで

ぱっと見でハマっているのが確認できる状態

 

しかしAは当日100Gハマりで

前日100G、2日前200Gハマり・・・で

1週間の合計が900Gハマりという状態

※リセットしないホールだと仮定します

 

 

しっかり宵越しハマりまでチェックする

ライバルがいれば話は別ですが

 

自分以外に宵越し狙いできる人が

いないのであれば

Aが他の人に打たれる可能性はかなり低いですよね?

 

 

ということは

先にB(当日750Gハマりの凱旋)を打てば

A(1週間宵越しで900Gハマりの凱旋)は

ずっと空いている可能性が高いから

自分が2台とも打てる可能性が出てきます

 

 

もちろん、残り時間などの関係で

あと1台しか打てないのなら

Aを打つべきですが

 

2台打つ時間があるのであれば

先にBを打ってしまって

その後にAを打った方が

総合的な期待値は大きくなりますし

 

次の台を探す時間も必要無くなるので

時間効率も上がりますよね^^

 

 

この考え方は

ボーナス間天井だけどARTを引いて
データカウンターがリセットされている台や

ART間天井だけどボーナスを引いて
データカウンターがリセットされている台

などにも使えます

 

エウレカAOやバジリスク3なんかが代表的ですね!

 

 

要は、他人が気付きにくい台は後回しにすることで

自分の次の選択肢を増やすってことです

 

 

 

他にも

期待値3000円消化時間40分の台A

期待値500円消化時間10分の台Bがある場合

 

期待値が高いA

先に打つのが原則ですが

 

 

Aが他の人に打たれる可能性が

低いのであれば

 

すぐに終わるBを先に打ってから

Aに移動した方が

効率よく期待値を積むことができます

 

 

 

こんな感じで

状況によっては

必ずしも高期待値台を優先するのではなく

 

最終的に自分がより多く期待値を積むための優先順位

を考えられるようになると

より効率の良い立ち回りができると思います^^

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回の内容をまとめると

・原則は期待値の高い方が優先

・期待値が同じなら時間効率が良い方を優先

・慣れてきたら、自分がより多く期待値を積むための優先順位を考えてみる

 

 

ただただ期待値に向かって突っ込むだけではなく

より効率良く、より期待値を多く・・・

自分なりに考えながら立ち回っていくことで

 

どんどん立ち回りの質が上がっていくので

結果的に大きく稼げるようになっていきます

 

 

これは頭が良い悪いとかではなく

意識できるかどうかの違いです

(事実、くろすけは頭悪いですし(笑)
参考:くろすけは「すごい人」?いいえ。むしろ普通以下のポンコツです。

 

 

少しずつ意識できるかどうかだけで

立ち回りの質が全然違ってくるはずなので

 

何も考えずにぼーっと打っているライバルには

ここで差をつけちゃいましょうね^^

 

 

ただし!

掛け持ち遊戯はルール違反なのでやめましょう!

 

ホール出禁になんてなったら

元も子もないですからね・・・

 

常連さんや店員さんとは

仲良くしておいた方が絶対にお得です^^

 

 

くろすけへの質問はコチラから

 

100%返信しているので

お気軽にご連絡ください(`・ω・´)ゞ

 

 

それでは今回はこの辺で~

 

次回の記事もお見逃しなく

くろすけでした!

 

 

「参考になった!」という方は

ぜひ応援ポチをよろしくお願いしますm(__)m

↓くろすけのやる気アップスイッチ

~ふくスロ!をもっと詳しく~

▼暇つぶし&立ち回りの参考に▼

▼管理人くろすけはこんな人▼

▼スロットで勝つための鉄板知識▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)