宵越し天井狙いに欠かせない!『スロットのリセットを見抜く方法』を教えます!!

ここでは

ハイエナでも設定狙いでも

絶対に必要になる

スロットのリセットを見抜く方法

解説していきます

 

 

全ての台を見抜けるわけではない

 

まず初めに知ってもらいたいのが

全ての台のリセットを

見抜けるわけではありません

 

全くリセット判別できない台も

多数存在します

 

 

しかし

リセット判別できるのと

できないのとでは

収支に大きな差が出てきます

 

ハイエナをしている方なら

「この台、据え置きなら打てるけど

リセットが怖いからヤメておこう

 

こんな経験があるはずです

しかし、リセット判別ができれば

躊躇せずに打てる場合もあります

 

また、

据え置きだと思って打ったら

実はリセットだった・・・」

 

なんて経験もありませんか?

 

くろすけはハーデスを

リセットだと気付かずに打ってしまい

気付いた時にはすでに800ハマり

そのまま天井まで

打つハメになったことがあります

 

苦い思い出です(^_^;)

しかし、リセット判別ができれば

そんなリスクもなくなります

 

 

設定狙いでも

リセット判別ができれば

この台はリセットだから

高設定の可能性あるな

「昨日高設定だった台が

据え置き挙動だ。

空いたら打とう」

と、それだけで

狙い台が絞れる場合もあります

 

 

天井狙いも設定狙いも

ライバルは多いです

そのライバルを出し抜くためにも

リセット判別の知識は

身につけておきましょう!

 

では、具体的な方法に入ります^^

 

 

ガックンチェックで見抜く

 

スロットの中にはリセットすると

最初の1G目のレバーオン時に

リールが一瞬ガクッと動く

機種があります

 

ジャグラーのBIGボーナス後の

1G目みたいな動きです

 

これをガックンといって

このガックンを利用して

リセット判別する方法を

『ガックンチェック』といいます

 

 

主にジャグラー

Sammy(サミー)という会社が

作っている機種(北斗シリーズ等)で

有効です

 

〈参考〉
↓ジャグラーのガックンはこんな感じ

 

 

ガックンすればリセット濃厚

ガックンしなければ据え置き濃厚

となります

 

 

ただし、

ガックン対策をするホールもあるので

注意が必要です

 

リセットしても

開店前に1G回されてしまう

当然ガックンしませんし、

リセットしなくても

リールを手で少し動かすだけ

ガックンと同じような動きをします

 

 

ガックンチェックの精度を

上げるためには

前日最後の出目を

メモしておくことが必要です

 

前日と出目が変わっていれば

ホール側で1G回したか、

手で動かしてあるので

ガックンチェックは使えません

 

出目が変わっていなければ

対策されていない可能性が高いので

ガックンチェックが有効になります

 

前日の出目をメモしていない場合の

ガックンチェックは

ホールによっては有効でない場合もあるので

信用しすぎないようにしましょう!

 

 

演出で見抜く

 

機種によっては

特定のG数で決まった演出が発生します

その演出を利用して

リセット判別する方法があります

 

 

例えば

『押忍!サラリーマン番長』という機種

 

この機種はゾーンと言って

200.400.600.800といった

200Gごとにボーナスを抽選します

そして、その200Gごとに前兆が発生し、

基本的には雫ステージというステージに移動します

 

これは宵越しでも同じです

つまり、

前日最終50G→当日150G等の

前日最終G数と当日G数を合わせて

200.400.600.800のゾーンで

雫ステージに移行すれば据え置き濃厚

 

前日最終G数と関係なく当日のG数が

200.400.600.800のゾーンで

雫ステージに移行すればリセット濃厚

となります

 

 

この『押忍!サラリーマン番長』のように

特定のG数で演出が発生する機種

この方法でリセット判別ができます

 

 

天井到達G数で見抜く

 

天井が搭載されている機種なら

天井到達G数によって

リセット判別することができます

 

 

例えば天井1000Gの機種

 

前日最終が600Gハマりで閉店した場合

据え置きなら次の日に400Gで

天井に到達するので大当たりします

 

しかし、

400G以上回しても当たらない場合は

リセット濃厚ですね

 

 

また、リセットすると

天井が短縮される機種もあります

 

『ミリオンゴッド〜神々の凱旋〜』

『押忍!番長3』あたりが代表的ですね

 

朝一に短縮天井で当たればリセット濃厚

短縮天井を超えても当たらなければ

据え置き確定となります

 

 

ホールのクセで見抜く

 

これは少し上級者向けの技術です

 

 

リセットをするかどうか

リセットするとしたら

どのくらいハマったらリセットするのか

これらはホールごとに異なります

 

このホールのクセを知ることで

リセットを見抜く方法です

 

また、同じホールでも

機種や曜日でリセットする基準が

がらりと変わるホールもあります

 

 

全てのホールの細かい部分まで

全てのクセを把握するのは

ほぼ不可能ですが、

ある程度把握しておくだけで

他のライバルに差をつけることができます

 

ガックンチェックや演出等の確認も合わせれば

かなり高精度なリセット判別が

時間をかけずにできるので

身につけておきたい技術ですね!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

リセット判別といっても

様々な方法があることを

理解していただけたかと思います^^

 

ちなみに他にも

セロハンテープやメダルを使った

裏ワザが沢山あるんですが

バレたら周りから目を付けられる

最悪の場合は出禁になるという

リスクがあるので

今回は紹介しません

 

まずは裏ワザではく

王道の技術でリセット判別できるように

なってくださいね^^

 

 

くろすけに聞きたいことや

わからないこと等があれば

最下部のお問い合わせフォームから

お気軽にどうぞ!

 

 

それでは今回はこの辺で

くろすけでした^^

 

 

【くろすけへのお問い合わせはこちらから】