スロットの勝ち方step2 パチンコよりもスロットを勧める理由

前回は

『パチンコ・スロットは必ず負けるもの』という

一般常識は捨てろ!という話をしました。

↓前回の記事はコチラ
step1 一般常識をぶち壊せ!

 

 

今回はくろすけが

パチンコよりもスロットを勧める理由をお話しします

 

 

なぜスロットを勧めるのか

 

それはずばり

パチンコよりもスロットの方が簡単

だからです

 

 

「スロットは打ち方がわからん

目押しが難しそう・・・

と思う方もいるでしょう

 

しかし、実際はただ打つだけなら

パチンコもスロットも同じくらい簡単です

 

 

パチンコ店で

スロットのエリアを見たことある方なら

わかると思いますが

老若男女問わず

多くの人たちがスロットを打っています

 

 

それこそ僕がよく行くお店には

80歳を過ぎてからスロット(ハナハナという機種)を

打ち出した人もいます

 

80歳超えたおじいちゃんにできるのに

皆さんにできないなんてことはありませんよね?

 

 

 

では、なぜパチンコよりも

スロットの方が簡単だと言えるのか

それは、パチンコは打つのは簡単でも

勝てる台を探すのが難しいからです

 

 

パチンコで勝つ方法はよく回る台を打つこと

すなわち

ボーダー理論です

しかし、これがとても難しいポイントなんです

 

 

 

ボーダー理論ってなに?

 

ボーダー理論と言われても

ほとんどの方はチンプンカンプンだと思うので

簡単に説明すると・・・

 

パチンコ台には機種ごとに

ボーダーというものが存在します

 

例えば

大当り確率1/100

1回の大当りで獲得できる平均出玉が1000個

という台があるとします

 

100回転で1回大当りを引けるので

1000個の玉で100回転回すことができれば

1回当たって1000個の玉が出ます

この場合、玉の増減はプラマイ0ですね

 

1000玉は4000円分なので

1000円(250玉)で25回転回れば

最終的な玉の増減は0となります

 

 

では、1000円あたり33回転回るとすると

750玉で100回転回すことができるので

1回当たると1000玉獲得して

その結果、250玉増えます

 

 

この台の場合は

1000円あたり25回転以上回れば

最終的な玉の数がプラスになる=勝てる

ということですね

 

この最終的な玉の増減がプラマイ0になる

1000円あたりの回転数(この台なら25回転)のことを

ボーダーと言います

 

 

ボーダーを超える台を打ち続ければ

どんどん玉が増えて勝てますし、

ボーダーを下回る台を打ち続ければ

どんどん玉が減って負けます

 

これがボーダー理論という

パチンコで勝つための方法です

 

 

 

ボーダー理論を知るだけでは勝てない

 

ここまで読んだあなたは

「じゃあそのボーダー理論を知れば勝てるじゃん!」

と思い込んでいるかも知れません

 

しかし、それは大間違い

 

 

大当り確率1/100や

平均獲得出玉1000個というのは

あくまで平均なので

1回転目で当たることもあれば

500回転回して当たらないこともあります

 

また、1回の大当りで500個しか出ないこともあれば

10000個以上出ることもあります

 

 

皆さんの周りで

「昨日は◯万勝った!」

と言っている人は、ほとんどの場合

たまたま平均より早く大当りを引いた

たまたま平均より多くの出玉を獲得した

このどちらかです

 

 

しかし、その分平均より大当りが遅い場合

平均より獲得出玉が少ない場合も必ずあります

 

それら全てを平均した場合

その人は絶対に負けています

 

 

なぜならお店にあるパチンコ台はほとんどが

ボーダーを大きく下回っているからです

 

お店も利益を上げなければいけないので

基本的には

客側が負けるような調整にしてあります

 

多くの人たちが負けている理由はここです

 

 

 

いくらボーダー理論を知っていても

ボーダーを超える台を見つけられなければ絶対に負けます

 

 

しかし台の状況は日ごとに変わります

そもそもボーダーを超えている台なんて

全くないお店も多いですし、

超えていてもせいぜい1〜2回転程度

 

時給1000円以上を目指すなら

最低でも+3回転以上は欲しいので

お店を10件回って数台あれば良い方です

 

 

そんな厳しい現実の中で

片っ端からお店を回って

一台一台打って確認していては

時間が足りませんし

お金も無くなってしまいます

 

そのために

釘を見てどれくらい回るのか

すぐに判断する必要があるんです

 

 

 

パチンコは多くの知識と熟練した技術が必要

 

『釘を見てどれくらい回るのかすぐに判断する』

この技術を釘読みと言うんですが

これがかなり難しい

 

 

台ごとのボーダーを知ることはもちろん

 

どの位置の釘がどうなっていれば回転率がどう変わるのか

 

これがわかるまでに相当な時間がかかります

しかも釘の配置は機種ごとに異なります

 

 

・・・そんなの覚えられませんよね

正直、くろすけも釘読みは苦手です

 

 

 

何十件ものお店を回り、ボーダー+3回転以上の台を見つけて

やっと時給1000〜1500円

 

そこに無駄な玉を減らしたり

大当りの獲得出玉を増やしたりする

止め打ち捻り打ち等の技術介入
(詳しい説明はしませんが、初心者はまずできません。さらに普通の打ち方ではないので、中には店員に見つかると出入禁止になるお店もあります)

を加えてやっと時給1500〜2000円です

 

 

これってものすごく効率が悪いと思いませんか?

 

 

 

止め打ちや捻り打ちは

数日間の練習で習得できますが

釘読みはそうはいきません

 

 

パチンコ台1台につき100本近い釘がある中で

1〜2回転の差を判別するんですから

難しいのは当然です

 

毎日パチンコ台とにらめっこしても

1ヶ月で身に付けるのは不可能でしょう

 

 

だからこそくろすけは

パチンコより簡単なスロットをお勧めしています

 

 

 

スロットは簡単なの?

 

これから教える

スロットの天井狙いという方法は

難しい技術は一切必要ないので誰でもできます

 

しっかり知識を身に付ければ

初めから時給2000円以上

稼ぐことも可能です

 

 

もうパチンコとスロット

どっちが簡単かは明白ですよね?

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回のポイントは

 

・パチンコで勝つためには熟練の技術が必要

・スロットは難しい技術は必要ない

 

この2つです

 

 

実際にスロットで勝つ方法はstep5から解説します

でもその前に・・・

 

スロットで勝つためには

スロットの基礎知識がないと話にならないので

そちらから先に解説しますね

 

 

 

次回はスロットで勝つために絶対必要となる

『期待値』というものについて解説していきます

お見逃しなく!

 

 

次回
step3 超重要!『期待値』を知ろう

スロットで勝つ方法トップページ

 

 

くろすけに聞きたいことや

わからないこと等があれば

お気軽にご連絡ください^^

【くろすけへのお問い合わせはこちらから】